リハビリテーション課

リハビリテーション課
ホーム > 採用情報 > リハビリテーション課

リハビリテーション課

職員構成

理学療法士 4名、作業療法士 3名、言語聴覚士 3名

リハビリスタッフ

業務内容

  • 主に一般病棟・地域包括ケア病棟のリハビリテーションを行います。
  • 急性期、回復期などいろいろな状態にあわせて必要なリハビリテーションを行います。
  • 件数は少ないですが、通所リハ(共立病院デイケア)のスタッフ支援を行います。
  • ST職が不足しているため、法人内の訪問看護ステーションへSTが出向しています。

リハビリ課の特徴

当院は、在宅療養支援病院です。地域の外来患者様、訪問診療を提供している在宅患者様380名の急変時のバックベッドとなる病院機能が特徴的です。リハビリテーションで関わる患者様は、皆様顔なじみの方々で、少しずつご高齢になって入院を繰り返しておられますが、早期離床のリハビリを開始し退院前の訪問指導を行うことで、また元気に在宅にもどられます。また、病院や在宅での看取りまでお付き合いさせていただいている中で、患者様やご家族様から沢山のことを学ぶことができます。地域に根ざした在宅医療を展開する病院のリハビリ職員として、一緒に働きませんか?

職員の声

経験年数10年のOT女性から一言

なんといっても、リハ職以外に看護師さんや栄養士さん、地域連携室さんなど、沢山のスタッフと協力しながら患者様に関わっていける体制があることや、困ったときに直ぐに頼れる同僚がいてくれることが、何よりここに勤めて良かった!!!と感じる時です。
今、私が取り組んでいるのは、日中少しでもベッドから離れて過ごすように、食事は病室ではなくデイルームで、排泄はリハパンに変えてトイレで行えるようADL練習をしています。今年からOTで取り組んでいるのは、集団レクです。レクの企画をするのはワクワクしますし、他にも季節感を感じられる掲示板や季節の催しも工夫していきたいです。

経験年数4年のST男性から一言

中堅からベテランまで経験豊富なスタッフがそろっており、呼吸リハの実技まで指導サポートして下さるので安心して業務を行える職場です。今年は、VF検査を本格的に準備・実施するようになり、STとしての専門性のスキルアップもできたと思います。4月から地域包括ケア病棟がスタートしたので、入院から在宅を支えられるSTになれるよう頑張ります!!!!!!

経験年数10年のPT男性から一言

入職の決め手になったのは、「職場の雰囲気がとてもよかった」からです。それに、病院の特徴でもありますが、在宅生活を支援しているという実感がもてる環境にあることです。
実際に退院後の在宅生活につなげることがリハビリ職員のミッションでもあるわけです。
退院前訪問、担当者会議参加など在宅サービスの細部にまでこだわって検討していきます。
昨年度から取り組んできた糖尿病の教育入院は、関連職で定例会議をしながらやっと軌道に乗ってきました。これからは、更に外来患者様へのサービス向上のため糖尿病教室を企画していきたいと考えています(‘‘)/